Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東方美人

他社で刊行していた本の再販。
未完でずっと止まっていたけど、ようやく完結。
…ようやく「殿堂入り」させられる。

『東方美人』
旧版は暗くて救いのないところでストップしてしまい、これ本当にハッピーエンドになるのかな?と不安だった。…死亡フラグも立ってたし。
もともとテーマが重すぎて読みづらい話でもある。
というわけで、アンハッピーでも構わない、という覚悟で読み始めた。

時代の空気がしっかり描かれてて、読み応え十分。硬い文章で描写がくどく感じる時もあるけど、その取っ付きづらさが国に雁字搦めにされた二人の息苦しさを伝えてる気がする。

とにかくキャラが魅力的。アレクセイが謎めいて気まぐれに見えるサエキに惹かれていく気持ちがよく分かるし、サエキがアレクセイの優しさに癒されるのも納得。
とくにアレクセイは、すごいなあと思う。BLの攻ではというより、小説の主人公として珍しいタイプ。何をやらせてもものすごく優秀で、背が高くて顔もいい。でも、性格は人当たりがよくて控えめで善良。有能と善良を兼ね備えているキャラクターって意外と珍しい気がする。「お人好しで損をする」とか、「実は腹黒い」とか、「大型ワンコ系」とか、性格のいいキャラにはなにかとオプションがつきやすいものだと思うけど、ストレートに捻りもなく、いい人でいい男っていう設定。
かわい作品のいい人攻は格好いいから好きだ。
ソフィアも素敵。気が強いけど、出しゃばらないキャラというか。

時代背景もそうだし、職業はスパイだし、先行きが心配な二人だけど、なんとか幸せになってほしい。

東西冷戦は遠くなったけど、いまだにロシアは遠い国だと五輪を見ていて思う…。


『東方美人2 千年王国』
個人的に好意を持ってしまった人を殺せという、アレクセイへの残酷な指令に対し、サエキが裏で庇うところがよかった。「まだ」人を殺したことはなかったサエキは、アレクセイの代わりに重たい罪を引き受けたわけだけど、それでアレクセイが救われたわけでもなく…。
抹殺の対象がいい人なので、この辺は読んでて辛かった。

ソ連崩壊に向けて、サエキはどんな活動をしていくのだろうと思っていたら、話はいきなりアフガニスタンへ。そういえば伏線はあった…。
暗く淀んでいたベルリンの生活から、今度は戦地へ。現地の過酷さが描かれるので、何かあるだろうとは思っていたけど、アレクセイが行方不明に…。
ここで、アフガンでサエキがスパイとして掟破りな最後の手段を使ってしまうところや、イギリス政府に助けを求めるのは、まさに命懸けの戦いで読み応えがあった。
自分一人だけのためには(アルファが裏で多少は手を回してくれるにしても)ソ連を裏切る勇気は出なかったけど、恋人のためなら即決…というのも泣かせる。

設定が設定だけに、二人はベルリンの壁崩壊をどんな風に迎えるのか心配だったけど、まさかこんなに穏やかだとは思わなかった。ソ連が崩壊しても完全に自由になったわけでもないし、アレクセイが家族と会えるのは何年後か分からない。
でも、よかったな、と思えるラストだった。

日本で桜も見られてよかった。いつかダーチャに行く話も読みたい。

待ったかいがあって、大満足。これだけ骨太の設定のBLってなかなか読めない。

かわい有美子 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
Comment









<< 神様も知らない | main | 重要なお知らせ >>