Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

神様も知らない

『神様も知らない』
主人公と流のコンビがよかったなあ。次回は流がいっぱい出てくるようで嬉しい。
日置もいいキャラだし。
なんとなく司に感情移入しづらかった。好きなタイプなんだけど、1巻ってことで謎が多いせいか印象がぼやけてしまって。
今回、恋愛面で感情移入できたのは主人公だけだった。
でも、事件の謎も人間関係も面白かったし、司の庭がまた、いいなあと!
うわ〜、見てみたい。場所が横浜の住宅街っていうのも、カントリーサイドとは違う魅力があって素敵。部屋がシンプルなところまで含めて、すごい好み!

『楽園の蛇』
事件とそれぞれの思いが重なり合って読み応えがある。少年たちの危うい関係性とか、手入れをされた庭とか、高遠さんらしい繊細で綺麗な描写も多い。ちょっと乙女なところも好きだなあ。
にしても、司が苦しんでるときになにやってるんだよ、佐季〜。その分?慧介が頑張っているし、慧介とうまくいってほしいんだけど。なんだか司がかわいそうになってしまって。
1巻では感情移入しづらいキャラだったけど、今回は気持ちが分かりやすかった。司の視点は減っていたんだけど、キャラに慣れてきたというか、分かってきたというか。
意外に熱血?な流の過去もよかった。どうにか佐季を引き戻してあげてほしい。
佐季の養母、胸の傷と、まだ過去の暗部は残ってるようだし…。どっちにしても悲しい話が出てくるんだろうけど。
一番好みなのが流だから、日置にネクタイ結んでもらってるシーンが最高でした〜。
やっぱり流は受だよね!と思いつつ、この二人には恋愛なんてしてほしくなかったり…。

『ラブレター』
終わりの始まり。
終わりが見え始めてからの緊張感がよかった。思わず「早く逃げて」と言いたくなった。13年間逃げ続けた二人がここで逃げても、幸せにはなれないんだろうけど。

面白かったし、読み応えは十分だったし、ハッピーエンドにするならこの終わり方しかありえないと思っていたので納得はしたけど…。これは佐季をめぐる話だと思うから、司と慧介の恋愛はちょっと付け足しみたいだった。事件中の話なのに、後日談ぐらいの印象。

司の心が佐季から離れてしまったのはやっぱり残念。司の気持ちは自然な流れで慧介にシフトしていくだけに、「置いてかれる」佐季がやっぱり切ない。不満はないけど、寂しい。
慧介は魅力的なんだけど、佐季の個性と比べると物足りなかった。いい意味で普通の人で、物足りないがゆえに、一緒にいて心が癒されるのかも。司はその真っ当さに救われたんじゃないかな。

最期に流の言葉が佐季に届いたことと、ラブレターが司に届いたことが感動的だった。
高遠琉加 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
Comment









<< 甘い水 | main | 東方美人 >>