Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

甘い水

 シリーズの中で、ちょっと気になっていた作品。

1の感想。
カップルが二人とも好みのタイプだし、面白かった。
このシリーズの中では(まだ全部読んでないけど)一番好きかも。

軽く見える遠藤が抱えている傷の深さ…。神宮司に嫌われているという誤解が解けて、距離が縮まっても、遠藤の傷がそれ以上踏み込ませてくれない。意地を張って素直になれないのとは違うから、一回寝ても、その先に進むのが難しい。テーマは重いけど、神宮寺が守りたいと言ってるから、暗さはなく、読みやすかった。
遠藤が今後どんな風に変わっていくのかが楽しみ。

事件は解決はしたんだろうけど、どうもスカッとしない終わり方。…こういう書き方のほうがリアリティーはあるんだろうけど、事件の経緯にページを多く割いているだけに、肩透かしな終わり方では面白みが薄いというか。

宮津や田所、篠口といった脇キャラも個性的でよかった。


2の感想。
神宮司は不器用だな〜。実家に誘ったことを考えなしだったと何度も謝っているけど、そういう腫れ物扱いこそが無神経な行為になりうるのに…。この場面は遠藤の視点で語られるんだけど、地の文を字面どおりに読むと、真面目な神宮寺が必要以上に気にしているだけみたいに思えてしまう。でも、謝られた遠藤は辛いという自覚もないまま、深く考えないようにしているところが切ない。神宮寺に、もう放っておいてあげてよ、と言いたくなった。
とはいえ、その不器用な労わりが、遠藤を救ったんだろうと思う。本人に痛みの自覚がなくても、神宮司が心配することによって、痛みは和らいでいるというか。
「甘い水」の話を引き出したのも、神宮司の心配が伝わったからだろうし。もしものときは止めを刺してくれと言われた遠藤は一時的に傷ついたというか、混乱しただろうけど、神宮寺が重たすぎる話題から逃げずに向き合ったことが、遠藤の心に響いたんじゃないだろうか。いい場面だった。

立てこもり事件で、業者の振りをして犯人側に食料を差し入れる役に遠藤が選ばれる場面で、自分が選ばれたことを誇りに思うという台詞に感動した。能力的に適任ということもあるけど、遠藤には血縁者がいないからという理由も大きいと、本人が自覚しての発言だけに。
子供を庇って殴られる場面や、神宮司が必ず助けに来ると信じて待つ場面では涙ぐんでしまった。

篠口も遠藤の理解者ではあるけど、傷の舐め合いになりそうだし、選んだのが神宮司でよかった。
結局、神宮寺の一途な思いが通じて、遠藤の傷が癒えたわけで。いい話だった。

温泉の話もベタだけど、遠藤が自然と幸せだと口にするあたりが暖かくて素敵な話だった。
かわい有美子 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
Comment









<< 交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ | main | 神様も知らない >>