Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

月の欠片

私はかなり好きだけど、他人にとってはそれほどでもないかもしれない。人によっては物足りないと感じるだろうな、と思う。ものすごく感動するとか、読んで大満足!とかいうタイプの作品でもないし。

佐々木さんの作品は結構な冊数を読んだと思うけど、私はこれが1番好きかもしれない。
私の波長と合っているのかも。
佐々木作品で時々感じる癖の強さを感じなかった。ストレートに見せかけて変化球みたいな。バランスを取ろうとして、軸が傾いちゃてるような不自然さ、とでもいえばいいのか。
それがないから読みやすかったし、話の運び方や心理描写も丁寧でよかった。
…感覚的に好きな作品だから、なんだか抽象的にしか好きな理由を書けないんだけど。

静かで落ち着いた雰囲気だけど、同時に力強さも感じた。
帯に引用されている英俊の台詞が素敵。一途で切なくなるというか。
裕真が英俊のことを考えて、付き合うことを躊躇してしまう気持ちも分かるし、将来に対する不安も共感しやすかった。目覚める確率は低いのに、8年も待ち続けるほどの強い思いがなければ、裕真を支えることはできないかも。
英俊の執着は精神的に不安定なものを感じるから、そこは裕真がフォローできるといいな〜とか。
金環日食の記憶が新しいうちに読んだほうが楽しめそう。

佐々木禎子 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
Comment









<< 光の雨 ―贖罪― | main | 碧のかたみ >>