Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

唇にキス 舌の上に愛

高遠 琉加
二見書房
(2009-04-23)

 高遠琉加 二見書房 2009/4

「愛と混乱のレストラン3」
もう1冊あるけど、シェフ×ディレクトールは今回で完結。
個人的には、文句なしに「高遠作品のベスト」認定です!

いや〜、面白かった!
ちょっと3巻のそのタイトル、どうなのよって読む前は心配だったけど、内容は期待以上だった。

久我のフランス修行時代の回想もよかった。ガイドブックで星がつくような店じゃなくて、常連さんに愛されている小さな店で本物の味を学ぶというスタートがいいなあと。美味しいものを食べてもらいたいっていう気持ちが原点なんだから、久我の作る料理は美味しくないわけがないという感じで。アルマンとニコールがいい味を出していて、暖かいエピソードだった。ニコールは成長したら、理人にとってはサラ以上のライバルになりそう(笑)
それから折り合いの悪かった父親からも大事なノートを受け継いだのも安心できた。このあたりを端折らずに書いてくれるのがいいなあと。久我というキャラに厚みと深みが増して、さらに今後のラブストーリーの行方が気になった。
今回は叶が当て馬として頑張っていてくれてよかった。久我とはまったく違うやり方で理人を想っていて切なかった。いい女性が見つかるといいなあ。BLだから男性でもいいんだけど、まあなんとなく…仕事から離れた場所でバックアップしてくれるような相手のほうがいいかなーと。

ヤガミのTOBの問題が動き始めると、久我と理人の溝が埋まらないまま、どんどん話が流れていってヤキモキさせられた。理人が疲れている姿が気がかりで…。
そういえば「ゴルド」の今後は意外性があった。
最終的に「ゴルドは欲しくありません」と言えたところで、理人は過去を乗り越えることができて感動的だったけど、そこで「ゴルド」という店が否定されたわけじゃないところも、この話らしい爽やかさがあってよかった。
理人が客として「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」を訪れるシーンは最高だった。店への思い入れ、スタッフとの交流、久我への想いが伝わってきて、じーんとしてしまった。でもなにより感動したのは、美味しい食事を楽しんで元気になったり幸福になったりという、レストランならではの方法での癒しだったかも。グルメというと1つの趣味のような感覚があったけど、もっと根本的なところでの「食べる喜び」を感じられて、すごくよかった。(もちろん趣味としてグルメを楽しむのもいいことだと思う)
その後の甘いシーンも台詞が印象的だし、ちょっとした描写が丁寧だし、臆病な理人が心を開くまでの過程もゆっくりしていて。なんか幸せな気分になる場面だった。
…それにしても、ディレクトールとシェフの関係は店ではすでに(暗黙のうちに)公認という気もするけど、最初はあれだけ衝突していたのにこれだけラブラブになってしまったら、スタッフはついてけないだろうなあと。今更…かな?

恋愛だけじゃなく、「夢の庭」も実現。いい話を読んだなあ。大満足。

パティシエの話も楽しみ♪

高遠琉加 | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | - | -
Comment
フランス時代の話、面白かったですよね。すんごいベタなんだけどハートウォーミングだし、純粋にとてもいい話だと思いました。

頑固ジジイのアルマンさんって、ハイジに出てくるおじいさんみたいでした♪…孫がまたハイジみたいで♪

4月のシャレード新刊って、好き・キライや出来・不出来を別にして、なんかすごいラインナップだったな〜…。
秋林 瑞佳 : 2009/05/04 12:25 PM
ほんと、ベタでいい話でしたよね〜。恋愛とは関係のない、話の大筋からいえば寄り道・遊び的なエピソードもほんわか丁寧に書いてくれるのが、高遠さんらしいなあと。ラブから離れた部分でも感動させてくれるのがすごいです。

>頑固ジジイのアルマンさんって、ハイジに出てくるおじいさんみたいでした♪

言われてみれば似てますね。頑固だけど本当は愛情深いおじいさん、素敵です♪

>4月のシャレード新刊って、好き・キライや出来・不出来を別にして、なんかすごいラインナップだったな〜…。

何があったかなーと、秋林さんのところでチェックさせてもらいました。
適当な1冊がなかった気がします。どれも気合が入ってるといいますか、ちょっぴり力が入りすぎているといいますか…。
りょう : 2009/05/05 2:19 PM









<< 優しいプライド | main | 久しぶり >>