Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

最悪

ひちわ ゆか
幻冬舎コミックス
(2009-02)

 豪放磊落な実業家×クールなエリートサラリーマン。

ちょっと神経質な受の英彦の視点なので、攻の有堂のだらしなさや図々しさがまさに最悪!という感じで始まる。うわ、こんな奴とよく同棲してたな〜と思ってしまったが、奥さんが専業主婦なのが当たり前の時代なら、これぐらい普通だったかも。…養ってたわけでもないのに、全部家事を押し付けちゃマズイけど。
学生時代にふたりが別れてしまったのは、もちろんそんなことが原因ではなく。超訳すると…無神経男が珍しく気を利かせたのが裏目に出た、というオチ?が笑える。
そして本当に最悪なのは……というところに考えさせられる。男同士ならこういう感情もほしいよね〜という感じでよかった。
基本的にラブコメなんだけど甘切ないところもあり、スピーディーに進むのに丁寧で読み応え十分だった。ガサツでいつでも自信たっぷりで強引な有堂がだんだん魅力的に思えてくる。一度いいなーと思い始めると、こんないい男も滅多にいないというほどの男振りで、英彦が惚れ抜いているのも当然と思えてくる。
手作りの玩具の話とか、ラブ以外の仕事の部分でも楽しめた。

「悪運」
表題作の続編。
英彦が接待ゴルフに行ったら、相手は有堂で!というところから始まる。表題作ではどちらかといえば有堂より英彦の気持ちのほうが強いように見えるのだが、そんなことはないんだよ、ということがよく分かる甘い話だった。才能、容姿、運にも恵まれた有堂だけど、情に厚いところがあり、英彦に一途で、さらに英彦の前では格好つけたいなんて可愛いところもある。今回は有堂が破産寸前まで行ってしまうのだが、お金なんてなくたってやっぱり魅力的で、すごい攻だなあと。こういうタイプは好みじゃないんだけど、好みに関係なくカッコいいと思える。
英彦のほうも「好きに使っていい」とポンと1500万あげたりして、相変わらず男前だった。追いかける相手が有堂じゃ大変だけど、この人も十分すごいよなあと。
英彦が怒っていきなり引越しというお得意の?報復手段に出たのは笑えたが、有堂の意外な反応にはほろりときた。

「運命」
オマケ的な書き下ろし短編。
相変わらず食べ物のことで怒っている英彦。クールそうなのにプリンのことで怒るところが楽しい。そしてまた有堂が余計なこと?をしていたのが分かり…甘くて相変わらずな話でよかった。有堂の視点なので本編よりしっとりめに有堂の愛情が確認できる。

石原さんのイラストもぴったりだし、笑いと甘さのバランスもよく、読みやすい。大満足。

ひちわゆか | comments(0) | -

十三階のハーフボイルド

ひちわ ゆか
新書館
(2005-09)

どうしようかなーどうしようかなー、とうだうだ悩んだ挙句、買い逃して店頭で見かけなくなってしまった。
(ひと月〜ふた月前ぐらいのBL新刊はどこでも品薄だ…)
あらあらあら…これはご縁がなかったのねと諦めていたら、
なんだか無性に本が買いたい気分のときに再会したので、運命を感じて買った本。


うう、好みだ…。なんでもっと早く買わなかったんだろう……と後悔した。
連載中に雑誌で読んだときは、それほど好きでもなかったんだけど。確か、猫探ししてる途中で飽きたような。
通しで読んでみると面白い。キャラも好みだ。
ヘタレ攻の原もいいけど、やっぱり(?)奎吾が好みだった。
彼の出番が少ないのは原のヘタレぶりのせい?だと思うと、ちょっと恨めしいわ〜とか思いつつ読んだ。
…ジレジレしてるとこが面白いんだけど。
このまましばらく片思いでも楽しいかもしれない。

13階まで階段…。そんな勤め先なら運動不足にならないだろうなあ。
にしても、続きはさくさく出るのかな。


追記。
2009年3月現在、まだ続きが出る気配はない…。
ひちわゆか | comments(0) | -

今宵、雲の上のキッチンで

ひちわ ゆか
リブレ出版
(2008-07)

こんなに笑える攻は珍しいと思う。
だいたい、負け犬(30代、未婚、子供なし)呼ばわりされてる社長なんて、社長比率の高いBLの攻の中でも、眞宮春臣が初めてなんじゃ…。攻のフルネームなんて、久しぶりに覚えられた。
明日には忘れてるかもしれないけど、今、本を見ないで変換できたことに感動した…。
秘書の多岐川がまた、いい味を出していて、彼の出番の多い、「ヘタレ社長のフラレ日記」を番外編として是非発売して欲しい。
色々面白い眞宮だが、後姿を見ても、声を聞いても、すぐに同一人物だと気付かないあたり、本当に応用問題、苦手なんだねと妙に説得力があった。
新のほうも、ここまで毒舌なキャラは珍しく、意外と不器用なところが可愛かった。その笑顔には何度も悩殺されましたよ…。
そんな二人がうだうだ、ジレジレしているところが、かなりよかった。
高橋やカフェの従業員たちも、いい感じだった。寺越×タケルとか、期待しちゃうしなあ。いやでも、田崎もかなり気になるキャラだし、悩むなあ。
ひちわゆか | comments(0) | -