Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ロマンスの黙秘権

うえだ 真由
新書館
(2007-10)

全3巻。
感想は3巻読了直後のもの。

准己がカッコよかった……。
この作品が好きな理由ってほとんどがそこなので、他に感想いらないぐらい。
もう、こういうタイプが好きで好きで。哀しいぐらい分かりやすい趣味だけど…。
あと、好みとは別に、こういう合理的なタイプのほうが感情移入しやすいっていうのもある。
2巻で天然化が進んでしまい、苦手になっていた啓も今回はカッコよかったし、可愛かった。
2巻までは、弁護士が職業である以上、事務所が成り立つ程度に稼がないでどうするんだって思っていたので、理想主義なのはいいけど攻に甘えすぎじゃないかとちょっと引っかかっていたんだけど、そこらへんにフォロー入ってたからかな。
それか、単に今までは攻にばかり肩入れしてたせいで、つれない受にムカついていただけかも。
弁護士ものとしても身近に感じられる依頼が多くて面白かったけど、付き合い始めてからも二人の気持ちが少しずつ近付いていっているところがよかったなあ。
上にも書いたけど、准己の考え方のほうが私には理解しやすい。けど実際に自分がもし法律相談するなら啓のほうに頼みたいかもって思う。
わりと正論言ってるけどちょっと冷たい准己が、啓には勝てないのも好き。惚れた弱みっていうだけじゃなくて、仕事の上でもそれだけ尊敬してるってことだと思うし。いい刺激と影響を与え合えて、お互いに認め合っている関係がすごくいい。
うえだ真由 | comments(0) | -