Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東方美人

他社で刊行していた本の再販。
未完でずっと止まっていたけど、ようやく完結。
…ようやく「殿堂入り」させられる。

『東方美人』
旧版は暗くて救いのないところでストップしてしまい、これ本当にハッピーエンドになるのかな?と不安だった。…死亡フラグも立ってたし。
もともとテーマが重すぎて読みづらい話でもある。
というわけで、アンハッピーでも構わない、という覚悟で読み始めた。

時代の空気がしっかり描かれてて、読み応え十分。硬い文章で描写がくどく感じる時もあるけど、その取っ付きづらさが国に雁字搦めにされた二人の息苦しさを伝えてる気がする。

とにかくキャラが魅力的。アレクセイが謎めいて気まぐれに見えるサエキに惹かれていく気持ちがよく分かるし、サエキがアレクセイの優しさに癒されるのも納得。
とくにアレクセイは、すごいなあと思う。BLの攻ではというより、小説の主人公として珍しいタイプ。何をやらせてもものすごく優秀で、背が高くて顔もいい。でも、性格は人当たりがよくて控えめで善良。有能と善良を兼ね備えているキャラクターって意外と珍しい気がする。「お人好しで損をする」とか、「実は腹黒い」とか、「大型ワンコ系」とか、性格のいいキャラにはなにかとオプションがつきやすいものだと思うけど、ストレートに捻りもなく、いい人でいい男っていう設定。
かわい作品のいい人攻は格好いいから好きだ。
ソフィアも素敵。気が強いけど、出しゃばらないキャラというか。

時代背景もそうだし、職業はスパイだし、先行きが心配な二人だけど、なんとか幸せになってほしい。

東西冷戦は遠くなったけど、いまだにロシアは遠い国だと五輪を見ていて思う…。


『東方美人2 千年王国』
個人的に好意を持ってしまった人を殺せという、アレクセイへの残酷な指令に対し、サエキが裏で庇うところがよかった。「まだ」人を殺したことはなかったサエキは、アレクセイの代わりに重たい罪を引き受けたわけだけど、それでアレクセイが救われたわけでもなく…。
抹殺の対象がいい人なので、この辺は読んでて辛かった。

ソ連崩壊に向けて、サエキはどんな活動をしていくのだろうと思っていたら、話はいきなりアフガニスタンへ。そういえば伏線はあった…。
暗く淀んでいたベルリンの生活から、今度は戦地へ。現地の過酷さが描かれるので、何かあるだろうとは思っていたけど、アレクセイが行方不明に…。
ここで、アフガンでサエキがスパイとして掟破りな最後の手段を使ってしまうところや、イギリス政府に助けを求めるのは、まさに命懸けの戦いで読み応えがあった。
自分一人だけのためには(アルファが裏で多少は手を回してくれるにしても)ソ連を裏切る勇気は出なかったけど、恋人のためなら即決…というのも泣かせる。

設定が設定だけに、二人はベルリンの壁崩壊をどんな風に迎えるのか心配だったけど、まさかこんなに穏やかだとは思わなかった。ソ連が崩壊しても完全に自由になったわけでもないし、アレクセイが家族と会えるのは何年後か分からない。
でも、よかったな、と思えるラストだった。

日本で桜も見られてよかった。いつかダーチャに行く話も読みたい。

待ったかいがあって、大満足。これだけ骨太の設定のBLってなかなか読めない。

かわい有美子 | comments(0) | -

甘い水

 シリーズの中で、ちょっと気になっていた作品。

1の感想。
カップルが二人とも好みのタイプだし、面白かった。
このシリーズの中では(まだ全部読んでないけど)一番好きかも。

軽く見える遠藤が抱えている傷の深さ…。神宮司に嫌われているという誤解が解けて、距離が縮まっても、遠藤の傷がそれ以上踏み込ませてくれない。意地を張って素直になれないのとは違うから、一回寝ても、その先に進むのが難しい。テーマは重いけど、神宮寺が守りたいと言ってるから、暗さはなく、読みやすかった。
遠藤が今後どんな風に変わっていくのかが楽しみ。

事件は解決はしたんだろうけど、どうもスカッとしない終わり方。…こういう書き方のほうがリアリティーはあるんだろうけど、事件の経緯にページを多く割いているだけに、肩透かしな終わり方では面白みが薄いというか。

宮津や田所、篠口といった脇キャラも個性的でよかった。


2の感想。
神宮司は不器用だな〜。実家に誘ったことを考えなしだったと何度も謝っているけど、そういう腫れ物扱いこそが無神経な行為になりうるのに…。この場面は遠藤の視点で語られるんだけど、地の文を字面どおりに読むと、真面目な神宮寺が必要以上に気にしているだけみたいに思えてしまう。でも、謝られた遠藤は辛いという自覚もないまま、深く考えないようにしているところが切ない。神宮寺に、もう放っておいてあげてよ、と言いたくなった。
とはいえ、その不器用な労わりが、遠藤を救ったんだろうと思う。本人に痛みの自覚がなくても、神宮司が心配することによって、痛みは和らいでいるというか。
「甘い水」の話を引き出したのも、神宮司の心配が伝わったからだろうし。もしものときは止めを刺してくれと言われた遠藤は一時的に傷ついたというか、混乱しただろうけど、神宮寺が重たすぎる話題から逃げずに向き合ったことが、遠藤の心に響いたんじゃないだろうか。いい場面だった。

立てこもり事件で、業者の振りをして犯人側に食料を差し入れる役に遠藤が選ばれる場面で、自分が選ばれたことを誇りに思うという台詞に感動した。能力的に適任ということもあるけど、遠藤には血縁者がいないからという理由も大きいと、本人が自覚しての発言だけに。
子供を庇って殴られる場面や、神宮司が必ず助けに来ると信じて待つ場面では涙ぐんでしまった。

篠口も遠藤の理解者ではあるけど、傷の舐め合いになりそうだし、選んだのが神宮司でよかった。
結局、神宮寺の一途な思いが通じて、遠藤の傷が癒えたわけで。いい話だった。

温泉の話もベタだけど、遠藤が自然と幸せだと口にするあたりが暖かくて素敵な話だった。
かわい有美子 | comments(0) | -

光の雨 ―贖罪―

面白かった。
検察の仕事も恋愛も丁寧に描かれていて読み応えがあった。
間違いなくエリートなのに、地味に頑張っている二人に親近感がわいたし、後半のデートとか、甘くて素敵だった。一緒にいる場面はかなり少ないのに、しっかり絆があって、無理も感じない。なんか、いいなー。

原口が興味深いキャラだった。自らは闇に向かいながら、野々宮には光へ進めと言える(普通は言えない)独特の強さが魅力的。
ジャンル分けすればBLなんだけど、恋愛以外の要素をしっかり描き込んでいるところが、この作品の魅力のひとつだと思う。

ふだんは事件が解決していないと、お仕事ものなのに…!と文句を言う私だが、この作品については、納得できた。
事件を解決させなかったのは…たぶん、現実の難しさと向き合いながら、長く険しい道程を進んでいくことを決意する話だから、「事件解決、乾杯!」なんてラストにしたくなかったのでは。きれいに解決しちゃったら、2時間ドラマみたいな軽いノリになってしまったんじゃないかな〜。
困難に立ち向かっていく二人を描くのに、ふさわしいラストだと思った。

恋愛より仕事に割かれるページ数のほうが多いと思うんだけど、それで恋愛ものとして物足りなくなるということはなかった。仕事シーンが多ければ多いほど、キャラの魅力に厚みが出て、「仕事に生きている魅力的な男性二人の恋愛」というBLとしての楽しみも増えるという、いい作品だった。
かわい有美子 | comments(0) | -

疵 スキャンダル

かわい 有美子
アスキーメディアワークス
(2010-07-07)

これまた懐かしい作品の文庫化で。
主人公二人は90年代の「大蔵省」のエリート官僚ということで、84年に東大卒という設定。84年じゃ、まだ生まれてなかったという読者も多そう…。
でも話自体は90年代だから、古臭さはとくにないと思う。

面白いんだけど、あまり読み返したくはなかった作品。あんまりな話が続くので、好きなんだけど、読みづらいというか。再読したくないから旧版は買わなかったんだけど、かなり好きな作品だから、この機会に集めることにした。

毎月1冊ずつ刊行されたので、1冊ずつ感想を。

1巻
桐原の事情とか司馬との関係とか、奥さんとか有賀のこととか、話も結構詳しく覚えてたんだけど、この後(2巻以降)どういう展開になるのかはっきり思い出せない。たぶん読めば、そうだった、そうだった!ということになるんだろうけど。
というわけで、続きが気になって仕方ない。
でもたぶん、1巻が1番インパクト強かったと思う。養父と篠田のダブルじいさんパンチが強烈なんで、そこばっかり印象に残ってたみたい…。
ほとんど善人が出てこない作品って珍しいけど、エリート官僚が和気藹々ほのぼのと仕事してるほうが嘘くさいし、シビアなところに説得力を感じる。…いや、桐原の受難にリアリティーがあるとか思ってるわけではなく。
けど、桐原ぐらい優秀な人ならどこ行ってもエリートだろうし、転職したほうが給料高くて仕事は楽で、いまより数倍人生楽しくなりそう、とか思っちゃう。…や、そこであっさり転職するような人は、そもそもこういう人生を選ばないのかな。


2巻
面白かった。
でもやっぱり3巻以降の展開は思い出せない…。


3巻
ひどいよひどいよ、司馬!
…実は2巻でも、ひどいなあと思ってたけど、3巻は本当にひどい。
桐原は情が薄くてひどい人、と再三にわたって描写されてるけど、司馬のほうがひどい人だと思うけどなあ……?
まず、2巻で桐原が出世すると、「出し抜かれた」とか言って激怒してたけど、きみが桐原の立場だったら絶対に遠慮なんかしないだろ、と言いたい。
で、3巻では桐原の友達に嫉妬して桐原を傷つけた上に、離婚した奥さんが戻ってくるから別れる、そもそも最初から何の関係もなかったって…。うーん、ここまで自分勝手だと……。
とはいえ、司馬は結構、魅力的なキャラだと思う。ひどいけど。

4巻では桐原が幸せになってくれるといいなあ。再読なのに、なんとラストをまったく覚えてないという…。
3巻はでも、読み出したらほとんどの場面を覚えていた。プレゼントを買う場面とか、好きだなあ。
ちゃんと覚えていないけど、文章は前よりかなり読みやすくなったんじゃないかと思う。手元に本がないから分からないけど、確か前は読みづらい文章だと思った覚えがあるから。内容や雰囲気を変えずに読みやすくなってるので、書き直してくれてよかった。


4巻
やっぱりこの作品好きだなーと改めて。
そっか、こういうラストだったのか…。ラストは思い出せなかったけど、それぞれの決着は結構覚えていた。弥生のこととか、Wじいさんのこととか。有賀の決断は相当ページ数が割かれていて、お気に入りのキャラなんだなあと思ったこととか(笑)
でも、今回変更されている場面があったかどうかは、よく分からなかった…。

篠田との別れの場面では、情が薄いと言われていた桐原もずいぶん変ったなあと思った。成長もしたけど、良い悪いの問題ではなく、ただ考え方が変ったところもあるような。まあその変化が桐原にとってプラスなんだから、いいことなんだろうけど。
前回ひどかった司馬は、今回しっかり反省してて安心した。なんだか回り道したけど、両思いだと自覚した?二人が、自然な形でよりを戻すのもよかった。桐原も寛大だなあ。こういう落ち着いた展開だったから思い出せなったというのもあると思うけど、いままでが痛すぎただけに、この穏やかさが染みるというか。
しかしまあ、そこに奥さんへの愛があろうとなかろうと、片方が既婚のままで終わるBLって珍しそう。そこで揉めたりしないあたり、さすがに…苦労した人は違うのかも…。ああ、あと司馬は子供を持つ親としての気持ちが強いからかもしれない。
桐原が死ぬ思いで守ってきた仕事を楽しく続けられることと、これからも司馬のライバルとして切磋琢磨していく(っていうと爽やかすぎるかな?)のも、本当によかった。
同期の二人に力の優劣がないあたりは、同い年好きとしては美味しかったし(笑)
その後の話も、穏やかそうに暮らしててよかった。
2つ目、今回の文庫の書き下ろし冒頭は、ノベルズ刊行当時はあまり書きたくなかったかもなあと、なんとなく思った。いや、実際のところはよく知らないけど。

面白かった〜、大満足。
かわい有美子 | comments(0) | -

上海

かわい 有美子
幻冬舎コミックス
(2009-12-15)

数年ぶりに再読した。
これは復刊でかなり手を入れているということだが、ノベルス版は読み返していないので、文庫版の感想。
うっすらとした記憶を元に「ここを肉付けして、あのへんは少し削ったのかなあ」と考えてみた。(まあ勘違いもしてそうだけど)わりと内容を覚えているものだなと少し驚いた。

イラストは…、どう見てもキャラ年齢が20代には見えなくて表紙を見たときガッカリしたのだが、雰囲気があってとてもきれいだった。正直、私がこの作品に持っていたイメージ(再会したときエドワードはまだ17歳なんだけど、もっと大人になってからのイメージのほうが強かった)には合わないのだが、趣味の問題はともかくとして、イラストとしてはすごくいいと思う。

雰囲気が良くて大好きな作品。
子供時代のエピソードから始め、エドワードの一途な思いやレイモンドの情の深さを丁寧に描き、激動の時代と身分差カップルにふさわしいドラマティックな別離を経てのハッピーエンド。
いい意味での王道ストーリーになっていると思う。単純ではあるんだけど、薄っぺらさはなく、何より当時の上海という街への憧れが伝わってくるので雰囲気がいいし、読み応え十分。
身分差が単なる恋の障害として出てくるのではなく、時代を感じさせ、主人公の生き方、考え方にまで深く影響を及ぼしているところがすごいなあと思う。なんていうか普通の?身分差ものだと、「人目を憚る関係」とか「使用人として主人を尊敬している」とか、そのへんまでしか描かれないことが多いと思う。垣根が高くて大変だねーと思うぐらいで、あまり考えるようなことはない。でも、この作品だともっと踏み込んで描かれているように感じるし、いちいち考えさせられる。エドワードの「私は中国人ですから」という台詞がすごく重たい。そしてそれが健気さ、一途さに繋がっているあたり、時代恋愛ものとしてよくできていて、いいなあと。

ストーリーの順番にお気に入りのシーンを。
最初にレイモンドが万年筆を買って帰る序章。短い文章なんだけど、当時の上海の情景を描写しつつ、プレゼントを用意したレイモンドの優しい気持ちがよく分かるし、気の利いた導入だなあと思う。伏線にもなっているところがまた、伏線好きな私にはたまらない。

ダンスホール。
二人の距離が縮まる場面で、普段は健気で慎ましいエドワードの別の顔が見られるところがいい。レイモンドの台詞の甘さとつれなさの匙加減も好き。

婚約破棄した後にルーシーと会う場面。
少女マンガの主人公のライバル役みたいなキャラなんだけど、この場面で悪い人じゃないんだなーと思えるし、なかなか印象的な場面。

蘇州。
景色が目に浮かぶような、美しい文章だと思う。タイトルは「上海」だし、上海の街の描写も好きなんだけど、この作品のなかで1番好きなのがこの旅行の場面で、すごく印象に残っていた。静かできれいで、少し不安な感じがいい。

埠頭での別れ。
メロドラマ風最高潮なエピソードだが、いい意味で王道。盛り上がるし、お互いへの思いが強く出ていて感動的。
ここでエドワードを置いていくというレイモンドの選択がいいと思う。もちろんそれこそ身を引き裂かれるような思いで置いていくわけだが、健全で前向きな考え方が根底にあって、こんなところにもキャラの魅力が出ているなあと。「ここでお別れです」というエドワードの台詞も同じ。

再会。
いやもう…エドワードの健気さと一途さに涙が出る。何度読んでも感動的。
何年もかけてやっとの思いではるばるイギリスまで来たのに、迷惑はかけまいと会いもせずに帰ろうとするとか…。
レイモンドの最後の台詞がまたいい。

「歌姫」
香港でのエドワードの話。これも雰囲気がある短編。初めて読んだ当時、再会後の甘ったるい話を期待していたのにと思いつつ、すぐに引き込まれてしまったのを思い出した。すごく好き。
レイモンドは出てこないし、第三者視点なのだが、エドワードの切ない思いがしっかり伝わってくる。歌姫も魅力的。

「China Rose」
こちらは最初に期待していたような、再会後の甘い話。まあこの書き下ろしが読みたくて文庫を買ったわけだし、楽しみではあったんだけど、正直不安でもあった。10年以上前の作品に続編をつけるって、作品の雰囲気が変ってしまったりしないのかと…。
すっかり落ち着いてからの二人なので明るくなっているのは当然だし、心配していたような変化は感じなかった。ノベルス版を読み直せば多少の違和感があるのかもしれないが、文庫版を通しで読んだ直後に読む分にはまったく違和感がなかった。
本編は全体に物悲しい色がついているのに対し、こちらは時代が変り、明るい未来を感じさせる話になっていた。作品のカラーとして、これは好みの分かれるところかもしれない。けど、分かりやすく甘いハッピーエンドを求める読者が多いという事情(…?)を抜きにしても、私はこれはこれでいいんじゃないかと思った。作品の舞台が戦後になったことを考えると、時代の空気を反映しているように感じた。

かわい有美子 | comments(0) | -