Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

初恋のあとさき

最高でした〜!

『嵐のあと』の4年後。美山はカフェのオーナーになってた。すっかり男っぽくなったなあ。
もとが熱すぎて、思い切り冷めちゃった美山がちょっと切ない。
でも、高校時代の仁科の仕打ちも分からなくはない。
噂になっちゃったら厳しいし、そんな周囲に気付かない美山の気持ちは重たくて、高校生には受け止めきれないと思う。…いや、大人だって同じか。恋愛だけで生きてるわけじゃないし。
たぶん、そこで開き直れずに悩んでしまう仁科だからこそ、美山は好きなったんだと思うし。強さや正しさだけが魅力じゃないから。
再会後に美山に責められても、今度は逃げなかった仁科はやっぱり美山が好きなんだなー。美山は無視してくれたんだから、逃げるのは簡単だったわけだし。振った相手が10年も自分のことを思い続けてきたって知ったら、全力で逃げるか、捕まっちゃうかの二択しかないかも。
お互いがお互いの弱さを理解して、新しく踏み出すラストもよかった。
甘い続編もいいなー。クールな美山がちょこっと照れる横顔が可愛い。
リバはわりと平気。けど、このカップルはどっちが入れるにしてもリードは美山だから、まあ美山が攻だろうなあ。
そういや『嵐のあと』でも、榊と美山のポジション(笑)は、ちょっと迷うとこらったなあと。

それにしても、安東はいい人だー。カッコいいしー。彼のスピンオフも読みたかった。

榊と岡田の話が入ってて嬉しい!
うん、岡田はいい人だけど、手応えないよね。もちっと考えろやって、突っ込まれるのも分かる(笑) この手応えのなさも、岡田の魅力だと思うけど。
頑ななところのある榊には、こういう人が合ってると思う。榊と一緒に悩む人って、榊と付き合えないはず。共倒れっていうか。
いろいろ不器用な二人だけど(仕事できるのに〜。新居、広すぎ!)、うまくやっていけそうで安心した。
中森さんと社員Bが好きだったんで、出番なくて残念。

日高ショーコ | comments(0) | -

嵐のあと

日高 ショーコ
芳文社
(2008-03-29)

絵がやっぱり好き。線が細くて、大人っぽいキャラの顔もいいし、人物の描き分けがしっかりしてるし。背景も好き。すっきりしていてスタイリッシュで、しっかり丁寧に書きこんであるけど、ぼやけない程度に適度にデフォルメしてあり、うるさくはならない画面が上手い。

話も好き。暗くならないドロドロしない、明るさとテンポのある切ない系で、感情移入もしやすい。
『シグナル』では、えーって感じだった榊は今回ちょっとおとなしかった気もするが、ああ、こういう人なのかという親近感が持てた。受なの攻なの?っていうタイプの男前は結構好きで。どっちなのって思わせる微妙なセクシーさがいいというか。普通にカッコいい、ゲイで残念って思うようなタイプ。
岡田は密林レビューで「全然色気がない」というようなことを書いてる方がいらした。ああ、そう思う人も結構いるだろうなあ、と妙に納得。私はこういう、ちょっと平凡よりのカッコいい男前受にこそ色気を感じるんだけど、受にはもっと中性的な(あるいは女性的な)色気を求める読者って多いよなあと思っているので、やっぱりねーという感じで。でもそうやって趣味が分かれてるあたりが興味深かったりもするのだが。
話が逸れた…。男同士の関係に普通に抵抗感のある岡田の感覚は、納得できるし、理解しやすいものだった。その前提があるから、ノンケを好きになってしまった榊の悩む姿と「嵐」の状態が活きてくるんじゃないかと思う。苦労すると分かっていても諦めきれない榊の恋心がすごくよかった。

美山のスピンオフも楽しみだな。美山はこういうちょっかいをかけてくる系の役柄のキャラとしては珍しく、過干渉にならず、引きすぎてもいないポジションがよかった。
あと、女性陣がいいなあ。さっぱりしてて大人で、可愛げもしっかりある。
満足〜〜。
日高ショーコ | comments(0) | -

リスタート

日高 ショーコ
リブレ出版
(2006-10-10)

前々から気になっていたのだが、絵柄が好きなせいで手に取ってから見送ること3回ぐらい?、とうとう友達に貸してもらった(ありがとうありがとう)作品。
…表紙買いでね、成功したことがほとんどないんですよ。だから絵柄が好きだと購入をためらってしまうわけで。
けど、そんなに気になっていたのにすっかり忘れ去っていて、『美しいこと』(小説の挿絵)を見ても思い出さず、この表紙好きだなあ、どっかで見たことがあるイラストだなあとか思っていた。でもって日高ショーコさんと言われて、誰?と思ってしまった。うう、人の名前は覚えられないわ、イラストの区別はつかないわ…。
でも本屋で見かけるたびにこの作品が気になっていたのは本当です。

感想。
うわ、絵柄だけじゃなくて、キャラも好みだし、漫画としても面白いよ! 早く買っておけばよかった!
そうか〜、モデルの話だったのかー。そういや、表紙だけ見て、裏表紙のあらすじは読んだことなかった…。
匡のカッコよさ、優しさ、繊細さのバランスが好みだし、この年下攻くんがまた可愛いくて。もう年下攻はこうでなくちゃ!と熱くなってしまった。さらっとした雰囲気も好み。
あ、あと背景とかの描き方も好み。こう…画面がすっきりしていて見やすいのが嬉しい。
満足だ。これは自分で買わねば。
日高ショーコ | comments(0) | -