Platanus’s Favourite

お気に入りだけ。「殿堂入り」BL作品の感想。
すべてネタバレ感想なので、ご注意ください。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

*Profile
*読書メーター
りょうの最近読んだ本
*Selected Entries
*Categories
*Archives
*Links
*Recent Comments
*Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

重要なお知らせ

重要なお知らせがあります。
このブログはJUGEMのブログサービスを利用していますが、JUGEMの公式ファイルがウィルスに感染していた恐れがあるそうです。
現在は安全が確認されていますが、下記の期間にアクセスなさっていた場合、影響を受けている可能性があります。
2014年5月24日(土)未明〜5月28日(水)12時ごろまで

大変申し訳ありませんが、上記期間中に当ブログにアクセスなさった方は、
以下の2つの対処をお願いいたします。

【ウィルス対策ソフトでPCをフルスキャン】

ご利用のPCにインストールされているウィルス対策ソフトでPCをスキャンしてください。

◆ノートン・インターネットセキュリティ(30日無料体験版)
http://www.symantecstore.jp/trial/


【Flash Playerを最新版にアップデート】

安全な最新バージョンへアップデートをお願いします。

◆Flash Playerダウンロードはこちら
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/


なお、このブログは別のブログサービスへの引っ越しを検討しています。
引っ越し先が決まりましたら、またお知らせいたします。
今回はご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありませんでした。
- | comments(0) | -

東方美人

他社で刊行していた本の再販。
未完でずっと止まっていたけど、ようやく完結。
…ようやく「殿堂入り」させられる。

『東方美人』
旧版は暗くて救いのないところでストップしてしまい、これ本当にハッピーエンドになるのかな?と不安だった。…死亡フラグも立ってたし。
もともとテーマが重すぎて読みづらい話でもある。
というわけで、アンハッピーでも構わない、という覚悟で読み始めた。

時代の空気がしっかり描かれてて、読み応え十分。硬い文章で描写がくどく感じる時もあるけど、その取っ付きづらさが国に雁字搦めにされた二人の息苦しさを伝えてる気がする。

とにかくキャラが魅力的。アレクセイが謎めいて気まぐれに見えるサエキに惹かれていく気持ちがよく分かるし、サエキがアレクセイの優しさに癒されるのも納得。
とくにアレクセイは、すごいなあと思う。BLの攻ではというより、小説の主人公として珍しいタイプ。何をやらせてもものすごく優秀で、背が高くて顔もいい。でも、性格は人当たりがよくて控えめで善良。有能と善良を兼ね備えているキャラクターって意外と珍しい気がする。「お人好しで損をする」とか、「実は腹黒い」とか、「大型ワンコ系」とか、性格のいいキャラにはなにかとオプションがつきやすいものだと思うけど、ストレートに捻りもなく、いい人でいい男っていう設定。
かわい作品のいい人攻は格好いいから好きだ。
ソフィアも素敵。気が強いけど、出しゃばらないキャラというか。

時代背景もそうだし、職業はスパイだし、先行きが心配な二人だけど、なんとか幸せになってほしい。

東西冷戦は遠くなったけど、いまだにロシアは遠い国だと五輪を見ていて思う…。


『東方美人2 千年王国』
個人的に好意を持ってしまった人を殺せという、アレクセイへの残酷な指令に対し、サエキが裏で庇うところがよかった。「まだ」人を殺したことはなかったサエキは、アレクセイの代わりに重たい罪を引き受けたわけだけど、それでアレクセイが救われたわけでもなく…。
抹殺の対象がいい人なので、この辺は読んでて辛かった。

ソ連崩壊に向けて、サエキはどんな活動をしていくのだろうと思っていたら、話はいきなりアフガニスタンへ。そういえば伏線はあった…。
暗く淀んでいたベルリンの生活から、今度は戦地へ。現地の過酷さが描かれるので、何かあるだろうとは思っていたけど、アレクセイが行方不明に…。
ここで、アフガンでサエキがスパイとして掟破りな最後の手段を使ってしまうところや、イギリス政府に助けを求めるのは、まさに命懸けの戦いで読み応えがあった。
自分一人だけのためには(アルファが裏で多少は手を回してくれるにしても)ソ連を裏切る勇気は出なかったけど、恋人のためなら即決…というのも泣かせる。

設定が設定だけに、二人はベルリンの壁崩壊をどんな風に迎えるのか心配だったけど、まさかこんなに穏やかだとは思わなかった。ソ連が崩壊しても完全に自由になったわけでもないし、アレクセイが家族と会えるのは何年後か分からない。
でも、よかったな、と思えるラストだった。

日本で桜も見られてよかった。いつかダーチャに行く話も読みたい。

待ったかいがあって、大満足。これだけ骨太の設定のBLってなかなか読めない。

かわい有美子 | comments(0) | -

神様も知らない

『神様も知らない』
主人公と流のコンビがよかったなあ。次回は流がいっぱい出てくるようで嬉しい。
日置もいいキャラだし。
なんとなく司に感情移入しづらかった。好きなタイプなんだけど、1巻ってことで謎が多いせいか印象がぼやけてしまって。
今回、恋愛面で感情移入できたのは主人公だけだった。
でも、事件の謎も人間関係も面白かったし、司の庭がまた、いいなあと!
うわ〜、見てみたい。場所が横浜の住宅街っていうのも、カントリーサイドとは違う魅力があって素敵。部屋がシンプルなところまで含めて、すごい好み!

『楽園の蛇』
事件とそれぞれの思いが重なり合って読み応えがある。少年たちの危うい関係性とか、手入れをされた庭とか、高遠さんらしい繊細で綺麗な描写も多い。ちょっと乙女なところも好きだなあ。
にしても、司が苦しんでるときになにやってるんだよ、佐季〜。その分?慧介が頑張っているし、慧介とうまくいってほしいんだけど。なんだか司がかわいそうになってしまって。
1巻では感情移入しづらいキャラだったけど、今回は気持ちが分かりやすかった。司の視点は減っていたんだけど、キャラに慣れてきたというか、分かってきたというか。
意外に熱血?な流の過去もよかった。どうにか佐季を引き戻してあげてほしい。
佐季の養母、胸の傷と、まだ過去の暗部は残ってるようだし…。どっちにしても悲しい話が出てくるんだろうけど。
一番好みなのが流だから、日置にネクタイ結んでもらってるシーンが最高でした〜。
やっぱり流は受だよね!と思いつつ、この二人には恋愛なんてしてほしくなかったり…。

『ラブレター』
終わりの始まり。
終わりが見え始めてからの緊張感がよかった。思わず「早く逃げて」と言いたくなった。13年間逃げ続けた二人がここで逃げても、幸せにはなれないんだろうけど。

面白かったし、読み応えは十分だったし、ハッピーエンドにするならこの終わり方しかありえないと思っていたので納得はしたけど…。これは佐季をめぐる話だと思うから、司と慧介の恋愛はちょっと付け足しみたいだった。事件中の話なのに、後日談ぐらいの印象。

司の心が佐季から離れてしまったのはやっぱり残念。司の気持ちは自然な流れで慧介にシフトしていくだけに、「置いてかれる」佐季がやっぱり切ない。不満はないけど、寂しい。
慧介は魅力的なんだけど、佐季の個性と比べると物足りなかった。いい意味で普通の人で、物足りないがゆえに、一緒にいて心が癒されるのかも。司はその真っ当さに救われたんじゃないかな。

最期に流の言葉が佐季に届いたことと、ラブレターが司に届いたことが感動的だった。
高遠琉加 | comments(0) | -

甘い水

 シリーズの中で、ちょっと気になっていた作品。

1の感想。
カップルが二人とも好みのタイプだし、面白かった。
このシリーズの中では(まだ全部読んでないけど)一番好きかも。

軽く見える遠藤が抱えている傷の深さ…。神宮司に嫌われているという誤解が解けて、距離が縮まっても、遠藤の傷がそれ以上踏み込ませてくれない。意地を張って素直になれないのとは違うから、一回寝ても、その先に進むのが難しい。テーマは重いけど、神宮寺が守りたいと言ってるから、暗さはなく、読みやすかった。
遠藤が今後どんな風に変わっていくのかが楽しみ。

事件は解決はしたんだろうけど、どうもスカッとしない終わり方。…こういう書き方のほうがリアリティーはあるんだろうけど、事件の経緯にページを多く割いているだけに、肩透かしな終わり方では面白みが薄いというか。

宮津や田所、篠口といった脇キャラも個性的でよかった。


2の感想。
神宮司は不器用だな〜。実家に誘ったことを考えなしだったと何度も謝っているけど、そういう腫れ物扱いこそが無神経な行為になりうるのに…。この場面は遠藤の視点で語られるんだけど、地の文を字面どおりに読むと、真面目な神宮寺が必要以上に気にしているだけみたいに思えてしまう。でも、謝られた遠藤は辛いという自覚もないまま、深く考えないようにしているところが切ない。神宮寺に、もう放っておいてあげてよ、と言いたくなった。
とはいえ、その不器用な労わりが、遠藤を救ったんだろうと思う。本人に痛みの自覚がなくても、神宮司が心配することによって、痛みは和らいでいるというか。
「甘い水」の話を引き出したのも、神宮司の心配が伝わったからだろうし。もしものときは止めを刺してくれと言われた遠藤は一時的に傷ついたというか、混乱しただろうけど、神宮寺が重たすぎる話題から逃げずに向き合ったことが、遠藤の心に響いたんじゃないだろうか。いい場面だった。

立てこもり事件で、業者の振りをして犯人側に食料を差し入れる役に遠藤が選ばれる場面で、自分が選ばれたことを誇りに思うという台詞に感動した。能力的に適任ということもあるけど、遠藤には血縁者がいないからという理由も大きいと、本人が自覚しての発言だけに。
子供を庇って殴られる場面や、神宮司が必ず助けに来ると信じて待つ場面では涙ぐんでしまった。

篠口も遠藤の理解者ではあるけど、傷の舐め合いになりそうだし、選んだのが神宮司でよかった。
結局、神宮寺の一途な思いが通じて、遠藤の傷が癒えたわけで。いい話だった。

温泉の話もベタだけど、遠藤が自然と幸せだと口にするあたりが暖かくて素敵な話だった。
かわい有美子 | comments(0) | -

交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~

100冊目、おめでとうございま〜す!
すごいなあ。私は何冊ぐらい読んでるのかな。
70冊ぐらいかな?と予想しつつ数えてみたら、これが85冊目だった。
おお〜、思ったより多い!

お久しぶりの交渉人シリーズ。
番外編だけあって、今回はのんびりムードで楽しかった。
やっぱり、このシリーズには、こういうお気楽な話のほうが合ってると思う。1巻が1番好きだったかも。
エダさん、ほんとに沖縄好きだな〜。
いつものメンバー&南国ムードにリラックスしつつ、一気読み。
本編より兵頭との時間もたっぷり取れてたし、事件も面白かった。欲をいえば、もう少し芽吹の交渉人らしい活躍も見たかったかな。

あー、またシリーズ再開してくれないかな。

特別版って値段高いなあと思ってたんだけど、別冊の書き下ろしが、短いながらも素敵なお話で、大満足。最初は、また第三者視点か〜(しかも男女カップル)とか思いもしたけど、上手いこと4カップルを繋ぎ合わせてて、主人公カップルも上手くいって。実にエダさんらしく、器用でサービス精神たっぷりの番外編だった。
これはまた読み返したいかも。
そっか、その3カップルが人気なのかー。2位がちょっと意外な気もしたけど、納得はできる。
みなさん、お元気そうで。
それにしても、久留米と魚住、10年遠距離ですか! 年に何回かしか会えない状態で、そんだけ続くのがすごい…。

榎田尤利 | comments(0) | -

碧のかたみ

面白かった。
ラバウルね…、重苦しそう。どんだけ悲惨な話になるんだろうと覚悟して読み始めたけど、読みづらさはなかった。
戦争の悲惨さはきちんと語られてるけど、生々しさはなく、かといって美化もせず。BLとしていいバランスだったと思う。
正直、BLでここまできっちり戦闘機のこととか描写されているとは思わなかった。もうちょっとこう雰囲気で終わらせるのかな、と。かといって、専門的すぎて読みづらいってこともなく。
まあ、期待していた以上に読み応えがあった。

戦闘の合間に派手な喧嘩をしたり、わりとアクティブなんだけど、ストーリーそのものは、ずっと静かな雰囲気だった。落ち着いた六郎の視点だからかもしれない。
敵機に囲まれていても、基地の中で仲間と過ごしていても、ずっと二人きりのような感じだった。

キャラもいい。一途で包容力がある六郎もよかったし、恒の強くて真っ直ぐで飛行機バカなところもよかった。

恒はもっと粘るのかな〜と思ってたら、意外にあっさり落ちた感じ。ただ…、そのあっさり感さえも生き急いでいるような気にさせられて、暗い予感がしてしまったけど。
戦局が決定的になった頃から、息苦しい雰囲気が続くが、二人の結びつき(恋愛+友情)が美しくて、生きさせてあげたいなあと思った。六郎の最後の決断が素晴らしくて、私も撃墜された(笑)

花火の続編が、短いながら感動的。涙をこぼしたんじゃなくて、号泣したってところから、万感の思いが伝わってきた。

『天球儀の海』は上手い、面白いと思いながらも、個人的にはあまり心に刺さらなかったけど、こちらはとても心に残る作品だった。
…ただ、本文途中の漫画はいりません。せっかく美しい場面なのに、どうして邪魔をするのか。文章もきれいだったが、漫画が挟まっているために集中が途切れて、印象が薄まってしまった。ほんと、興ざめした〜。
たとえば、映画やドラマの中で、いきなり同じ場面をリピートされたら、どれだけ素晴らしい場面でも「は?」って思わないだろうか。小説も漫画もストーリーだから、リピートしちゃダメ!
イラストもよかっただけに、もったいない。せめて巻末に入れてほしかった。
尾上与一 | comments(0) | -

月の欠片

私はかなり好きだけど、他人にとってはそれほどでもないかもしれない。人によっては物足りないと感じるだろうな、と思う。ものすごく感動するとか、読んで大満足!とかいうタイプの作品でもないし。

佐々木さんの作品は結構な冊数を読んだと思うけど、私はこれが1番好きかもしれない。
私の波長と合っているのかも。
佐々木作品で時々感じる癖の強さを感じなかった。ストレートに見せかけて変化球みたいな。バランスを取ろうとして、軸が傾いちゃてるような不自然さ、とでもいえばいいのか。
それがないから読みやすかったし、話の運び方や心理描写も丁寧でよかった。
…感覚的に好きな作品だから、なんだか抽象的にしか好きな理由を書けないんだけど。

静かで落ち着いた雰囲気だけど、同時に力強さも感じた。
帯に引用されている英俊の台詞が素敵。一途で切なくなるというか。
裕真が英俊のことを考えて、付き合うことを躊躇してしまう気持ちも分かるし、将来に対する不安も共感しやすかった。目覚める確率は低いのに、8年も待ち続けるほどの強い思いがなければ、裕真を支えることはできないかも。
英俊の執着は精神的に不安定なものを感じるから、そこは裕真がフォローできるといいな〜とか。
金環日食の記憶が新しいうちに読んだほうが楽しめそう。

佐々木禎子 | comments(0) | -

光の雨 ―贖罪―

面白かった。
検察の仕事も恋愛も丁寧に描かれていて読み応えがあった。
間違いなくエリートなのに、地味に頑張っている二人に親近感がわいたし、後半のデートとか、甘くて素敵だった。一緒にいる場面はかなり少ないのに、しっかり絆があって、無理も感じない。なんか、いいなー。

原口が興味深いキャラだった。自らは闇に向かいながら、野々宮には光へ進めと言える(普通は言えない)独特の強さが魅力的。
ジャンル分けすればBLなんだけど、恋愛以外の要素をしっかり描き込んでいるところが、この作品の魅力のひとつだと思う。

ふだんは事件が解決していないと、お仕事ものなのに…!と文句を言う私だが、この作品については、納得できた。
事件を解決させなかったのは…たぶん、現実の難しさと向き合いながら、長く険しい道程を進んでいくことを決意する話だから、「事件解決、乾杯!」なんてラストにしたくなかったのでは。きれいに解決しちゃったら、2時間ドラマみたいな軽いノリになってしまったんじゃないかな〜。
困難に立ち向かっていく二人を描くのに、ふさわしいラストだと思った。

恋愛より仕事に割かれるページ数のほうが多いと思うんだけど、それで恋愛ものとして物足りなくなるということはなかった。仕事シーンが多ければ多いほど、キャラの魅力に厚みが出て、「仕事に生きている魅力的な男性二人の恋愛」というBLとしての楽しみも増えるという、いい作品だった。
かわい有美子 | comments(0) | -

今宵おまえと

木下さんの作品はそんなに読んでないけど、設定からいってこれが1番好きだと思う。
根っこはシリアスだけど、全体にほのぼのした雰囲気で読みやすい。
最終巻が待ち遠しかった。

とにかく陸郎の一途さにキュンとくる。しかも男らしくて格好いいし。
なんかすごくモテそうなのに、脈のなさそうな親友が好きなんて、考えてみればもったいない人だ(笑)
嫉妬もするけど、基本は我慢の人だよな…。応援したくなる。
で、ものすごくヘタレなとこも可愛い。二人の「かっこ悪いトコ晒したくない」「…安心しろ。もうこれ以上ないくらい晒してる」というやり取りに笑った。

保孝の笑顔が可愛い。性格も明るくてさっぱりしてて好きだなー。押しに弱いあたりも。ちょっと口が悪いところもあるけど、情に厚くていい。
保孝にとっても陸郎は一番の親友なわけで、自覚はなかったけど、特別だったんだろうな〜と。ただ、急に「じゃあ今日から恋愛を」と言われても、すぐに気持ちとか態度とか切り替えられないだろうし。そこらへんのグルグルする感じがじっくり描かれていてよかった。

男前な片瀬さんもよかったなあ。カッコいい女性という感じなのに、子供さんとセットで結構可愛い。彼女の「押したほうがいい。引いたら絶対負ける」というアドバイスの通り、陸郎に足りなかったのは押しだったんじゃないかなー。

後輩くんの加藤はイケメンなのに、なんか粘着質でザンネンなところが好きだ。きみも頑張ってくれ。
保孝に対してキツイこと言うのが気になるけど、結局は甘やかしちゃうという良い当て馬だった。

十年愛×晴天の霹靂だからすんなり両思いとはいかず、ジレジレさせられるのが最高だった。
派手な展開がない分、丁寧に恋心が描かれているし、いいものを読んだ。満足だ。

…けど、陸郎くん、ぬいぐるみ相手にヘンタイ行為は慎んでください(笑)

木下けい子 | comments(0) | -

お菓子の家: 〜un petit nid〜

凪良 ゆう
フランス書院
(2012-09-12)

作家買いして、スピンオフと知らずに買った。
『夜明け〜』の加瀬が主人公。
前作と出版社も違うから、本当に驚いた。

久し振りに好みの凪良作品だった。
加瀬の話だ!と気付いて、1ページ目からテンション高くなった。しかも、受で嬉しい〜!!と朝からウキウキ読んだ。
そんなに加瀬が好きだったのか、自分……。なぜ…。

火事の場面が切なかった。事情も知らずに、シャツ1枚のために火の中に入る阿木はいい人だ…。
あと、要と再会して、穏やかに話せたのはよかったなーと。

加瀬はDV攻だったのに、あまりに可愛くなってしまっていて、戸惑うほどだった。執着系の性格が、素直に甘えるという、いい方向に変化したようで。これだけ一途に懐かれたら、確かに、暗くてもデカくても、確かに可愛いと思う。
相談に乗るとか、印象的な言葉を与えるとかじゃなくて、普通の生活の中でちょっとずつ加瀬の心がほぐしていく阿木の優しさもよかった。お互いに惹かれた理由がよく分かるというか。

加瀬は確かにネガティブだけど、変ろうと努力してるし、変るための努力が役に立たないとは考えるほど後ろ向きじゃない。一足飛びには変れないだろうけど、もう人に暴力をふるったりしないだろうし、大丈夫だろうと思えた。

黒猫も可愛かった〜。
凪良ゆう | comments(0) | -